FC2ブログ
いろんなご主人様にされた調教内容など書いています
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
逢えました
2008-06-07 Sat 21:57
先週、彼は仕事が忙しく、木金は徹夜したとのこと。
そのことを聞いていたので、今週も逢うのは難しいな…と思っていた。

でもなんとか金曜の午後には仕事が終わった、と携帯にメールがきた。
よかった、土曜はゆっくり休んで、日曜にでも逢えればそれでいいや、と私は思っていた。

そんなことを思いながら金曜日、私は仕事が終わり、
帰宅し、お風呂に入り、出たところで携帯をみると、なんと彼からの電話。
留守電が入っていて、「今打ち上げ終わって絵美んちの近くにいるよ。また電話するね」
とのことだった。

あぁ、仕事が終って打ち上げも終わったんだ、よかった、と
思っていたら彼から電話が。

「今絵美んちの近くにいるんだけど、ちょっとだけ逢えない?」という。
先週は逢えなかっただけに逢いたい。
でも丁度お風呂からあがったところだったので、
支度するから少し時間がほしいとお願いしたら、
「じゃあ待ってるから支度できたら連絡して」とのことだった。

私は慌てて支度していつでも出られるようにした。
彼に連絡して待ち合わせる。

待ち合わせ場所に彼はいて、慌てて走って彼の車に乗り込む。

2人ともこの時間(確か21時頃)にはご飯とか打ち上げやらでお腹いっぱいだったので、
ファミレスや飲食関係で話しこむのではなく、このままちょっとドライブすることになった。

あちこちドライブして彼が私のお気に入りのホテルに行くようなことを言い出した。

私はてっきり軽くドライブして別れるものだと思っていただけだったので、
ろくに化粧もしてないし、服装もすっごいカジュアル。

それでも彼はホテルに行ってしまったので、ここまできたのなら仕方ない、と
ハラをくくり、私もホテルに入った。

そこはラブホというより綺麗な旅館の色合いが強いので好きなところ。
値段設定はクラスによっていろいろあるけど、金土祝祭日などの
前休日の割高はないのでそれも気に入っているところのひとつ。

部屋状況のパネルをみると空室は2部屋あるけど、
どちらもクラスが上なため、値段が高い。
準備中が2部屋あり、その2部屋はクラスが一番下で安い。
準備中の部屋を予約することもできるので、そうする?と彼に相談しようと思った瞬間
準備中の1部屋が空室になったので、その部屋にすることにした。

クラスは一番下で安いけど、でもそれなりに綺麗だし、お風呂は広い。
どうやら彼も気に入ってくれたみたい。

その頃には私はお腹が空いてしまったけど、時間的に料理のオーダーが終わっていたので、
なんとか空腹を我慢した。

彼は徹夜明けだったので、お風呂入りたいというので、その間私はテレビをみて
のんびりしていた。

彼がでて暫くはベッドに入って2人でテレビを見ていたけど、
次第に彼がHしたくなったらしく、私の体を触ってくる。

私もずっとしてなかったので、簡単に反応してしまう(o>
そのうちガウンを脱がせ、裸にし、彼の上に乗るようにされてしまい、
久しぶりに彼の大きいのを受入れさせられた。

やっぱり彼のは大きい。
いつになっても慣れない。

そのまま暫く彼の思うままに喘がされていた。

すると彼はふと「この毛邪魔だね」と言い出した。
この毛とは私のオマ○コの毛のこと。

今までのご主人様たちも私の毛を剃ってきたけど、それはあくまでSMのプレイの
一環として受入れてきたけど、今度の彼はあんまりSMらしいことはしない人だったので、
突然のことでびっくりしてしまった。

あまりのことだったので、どうしよう、恥ずかしい、と言っていたら
「やだ?」と優しく聞いてくる。

そんなふうに優しく聞かれてしまうとやだとは言えず、
結局彼のいいなりになってしまった。

彼は早速毛を剃る用意をし、ベッドにタオルを敷き、
馴れた手つきで毛を剃り始めた。
私は恥ずかしくて布団を自分の体にかけて剃るところをみえないようにした。
ときどき彼は知ってか知らずかクリとか触ってくるので、
その度にいちいち体が反応してしまった。

やがて剃り終わり、ツルツルのオマ○コが誕生した。

改めて騎乗位でHしたけど、彼が「絵美のオマ○コがよく見える~」と
楽しそうに言うので、私は余計に恥ずかしさが増しながら
ただただ彼のなすがままになっていた。

やがて疲れてきたので、私は寝てしまった。


5時頃目が覚めてトイレに行ったら嫌でも自分のツルツルのオマ○コが
見えてしまい、なんだか改めて彼のものになったんだな~と思い、
嬉しいのと恥ずかしいのが同時にやってきた。

トイレからでてベッドに戻ると彼が起きていて、私が寝たあと、寝れなくなってしまい、
なんだかんだで映画をみていたという。

私はその間爆睡していたので、全然気がつかなかった。

彼は私のオマ○コを触ってくる。
え?また?と戸惑う私をよそに、指がオマ○コに入ったり、
クリを触ったりしてくる。
オマ○コに指を何本か入れてそのうちの1本はアナルを触ったりしているうちに
次第に入ってきた。

久しぶりのアナルに異物が入る感覚に自分でもわからないくらい
嬌声をあげていた。

そのうち彼が正上位で挑んできた。
彼のが根元まで出たり入ったりしているうちに頭が真っ白になってしまい、
多分結構な大声を出していたかもしれない…


その後寝たり起きたり、カップラーメンとか頼んで食べたりして
11時チェックアウトなので、それになんとか間に合うように支度してホテルをあとにした。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

別窓 | The fourth husband | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<拉致られてきました | マゾ奴隷日記 | 逢えません>>
この記事のコメント
こんばんは^^
逢えてよかったですね!

そしてついに…ツルツルになってしまったんですか…。
アレ、ちくちくすると思いますが、絵美さんはどうしていますか?^^

時折、ちくちくするからイヤ…と断られてしまうことがありますので、良かったらお聞かせ下さい^^
2008-06-12 Thu 01:19 | URL | bono #tHX44QXM[ 内容変更]
bonoさん
逢えてよかったです(o^^o)

その後ですが、チクチクするので、毛が薄くなるローションを
塗って隔日で剃るようにしています。

思い切って脱毛も考えましたが、まだそこまで勇気がありません(;-;)
2008-06-12 Thu 22:04 | URL | 絵美 #-[ 内容変更]
なるほど^^
ローションですか^^
女性のケア用品としては普通にありそうですね^^

非常に参考になりました^^

脱毛は…勇気が要りますよね…ホントに…。

2008-06-15 Sun 01:47 | URL | bono #tHX44QXM[ 内容変更]
bonoさん
毛が薄くなるローションはいろいろありますが、
どれも時間をかけないとなかなか薄くならないのが難点だと思います(;-;)

脱毛機は…1回痛いのを我慢すればあとは段々
毛が薄くなっていくのですが、その1回目が勇気がなくて
ほんのちょっとしかやっていません(;-;)

2008-06-15 Sun 12:44 | URL | 絵美 #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| マゾ奴隷日記 |




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。