FC2ブログ
いろんなご主人様にされた調教内容など書いています
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
旅行
2008-02-24 Sun 10:57
1月半ば。
ご主人様が2月頃旅行しないか、と持ちかけてきた。

旅行かぁ…
冬の露天風呂とか貸切風呂とかいいかもしれない~

私は1も2もなく賛成する

でもその前にどこにいく、とか全然決まっていなかったので、そこから始まった

結局静岡は伊東に決まった。
静岡なら多分暖かいだろうから。
ご主人様は旅館がいい、というので、いくつか旅館をピックアップ。
その中からご主人様が最終的に1軒の旅館を決めた。

目的地まではレンタカーに決定。
私は電車でもいいのでは?というとご主人様が
「車運転したいから」
の一言で、これはご主人様がレンタを予約してしまった。


当日。

朝8時すぎ、ご主人様がレンタで迎えにきてくれて出発。
天気は2月にしてはもったいないくらいいい天気。

でも私はご主人様の命令で前回履いた玉の入ったパンツを履くように言われていて最初は拒否したけど、断りきれず、履いていくことになった

パンツの中には3つのちょっと大きめの玉がクリからアナルにかけて自由に行き来できるように入っている。

ご主人様は車に乗った私が本当に命令通りにそのパンツを履いているのか、直に確かめた。
朝8時すぎ、人通りは少ないけど、誰にみられるかわからない緊張から手を外すよう頑張るけど、そんな私の抵抗も空しく、ご主人様はしきりに確かめていた。

準備が整って出発。

高速でいくとかなり早くついてしまうため、ゆっくりと国道からいった。

神奈川に入って標識に茅ヶ崎の文字が目に入った。
茅ヶ崎…海かぁいいなぁと思っていたら、ご主人様が「茅ヶ崎でも行ってみる?」という。
今まさに自分で思っていたことを言われたのでびっくりしたけど、了承する。

海岸につき、車からおりると風がすごい。
海だからなのかもしれないけど、いい天気なのに、風が強くて寒かった。
砂浜を歩くと砂に足を取られてなかなか思うように歩けない。
そのたびにパンツの中の玉が動くので、私はご主人様にしがみつくようにして歩いた。

「どうしたの?そんなにしがいついて」
ご主人様は意地悪く言う。
私の現状を知ってるくせに。

多分3つの玉のどれか1つがオマ○コに入りそうになっている。
でも玉はパンツに守られているので、入るに入れない。
そのもどかしさがなんともいえなかった。

ご主人様は1回車に戻ろう、というので、戻る。

もういくのかな、と思いつつも車に戻ると、ご主人様は最近買ってきた調教道具が入っているバッグを開けて赤と黒のローターを出してきた。

なんとなく意図が読めた私はそれでも抵抗して「それどうするの?」と聞く。
「ん~?絵美がもっと淫乱になるように」
ご主人様は楽しそうに助手席の私の膝の上に横になり、外から見えないようにスカートをまくりあげ、1つはオマ○コに、1つはクリに当たるように配置した。

そこで私にスイッチが入ってしまったらしい。
思わず「オマ○コのいれて」といってしまった。

ご主人様は嬉しそうに「しょうがないな~このメスイヌは~」と言った感じでオマ○コにローターを入れてくれた。

起き上がったご主人様は自分の手をみて
「うわ、ぐちょぐちょ。これ全部お前のだぞ」と嬉しそうにいう。

スイッチが入るのかを確認してから再度散歩に。

玉が3つ入ったパンツを履かされ、さらにオマ○コとクリにローターを仕込まれ、ご主人様の気分次第でスイッチを入れられる。
さらに砂浜は歩きづらいので、どうしても歩く速度が遅くなってしまう。
どうしても息があがってしまう私を楽しそうに「どうしたの?感じてるの?」と聞く。
私は恥ずかしくて否定するとご主人様は、私の早く歩かせようと手を引っ張る。

幸いにもサイクリングロードがあったので、そこにいってみたら地面は砂浜ではなくコンクリートだったので、少しは歩きやすくなった。
とたんにご主人様はちょっと面白くなくなってしまったのか、ローターのスイッチをいれっぱにしてしまった。

そこは結構マラソンとか自転車が通っている。
私は懸命に何もない振りをするので精一杯だった。
誰もいなくなったのを見計らってから私は自分からご主人様にチュウをおねだりした

車に戻ってからもローターは外されることはなかった。

明るい午前中、私はご主人様の膝に横になり、命令に従って少しだけど、ご主人様のものを舐めた。

茅ヶ崎をあとにし、そろそろ旅館につく、というころ、道の駅があったので寄ってみることに。
私は道の駅が大好き。
今度「道駅ツアー」をやりたいと思う

ご主人様にトイレに行きたい、というと
「じゃあローターは1回はずしていいけど、また自分で入れるんだよ」というので、恥ずかしいけど、否定したら肯定するまでトイレに行かせてもらえないことはわかっているので肯定する。

でも実際にはオマ○コのローターは外すことなく用はたせた

ご主人様はイカの塩辛とか明太塩辛とかのお土産ものが気に入ったらしく、でも今買っても荷物になるから帰り再度寄ろう、と道の駅を満喫してあとにした。

旅館につくとHPと違ってちょっと古い感じ。
お風呂も男女別で貸切露天風呂は予約制でしかも有料。
有料って入湯税のことかと思っていたらなんと2,000円弱もするので、今回は貸切露天はやめた。

私は旅館よりはペンション派なので(ペンションの方が家族風呂とか無料貸切露天とかあるので)、今回のこの旅館はちょっと不満だった。

しかも部屋風呂があると思っていたらなくて大浴場のみ。
私もご主人様も大浴場は苦手なので、夜遅く入ることにした。

旅館について一息ついてからH。
このときまだ15時過ぎだったけど、もう布団が敷いてあったので、思う存分Hしてしまった。


翌朝、朝ごはんを食べてからテレビの隣の床の間にある丸い大きな柱に裸で縛り付けられて、目隠しをされ、さらには舌に木製クリップを2つつけられて、バイブで思う存分いじめられた。

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
[PR]

別窓 | The second husband 2 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
旅行
2008-02-06 Wed 18:36
ご主人様が「旅行でもいこう」というので、2人で日程を合わせたり、
どこにいくかあちこちサイトで検索かけたりしてました。

たまたまヒットした宿でコテージがありました。

ご主人様は「もっと暖かくなったらコテージにいこう」といいます。
なんで?と私が聞くと
「コテージなら誰にも見られることなく、思う存分調教ができる」とのこと。

そのときは恥ずかしさのあまり思いっきり抵抗しましたが、
でも本当はどんな調教されるんだろう?とちょっとドキドキしている自分がいました。

今回は旅館ですが、ここでもしっかり調教されそうです…


FC2 Blog Ranking

別窓 | The second husband 2 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
玉の入ったパンツ
2008-02-05 Tue 16:16
大分前、当時付き合っていたご主人様に少しでも喜んでもらおうとある下着を通販で買ってみた。

それは一見すると赤いTバックなのだが、クリからアナルにかけて3つ玉が入っている。
その玉はそれぞれに固定されているのではなく、クリからアナルまで自由に行き来できる。

ところがそのご主人様はそういうのに興味がなかったらしく、お蔵入りになってしまった。

が、今のご主人様はめざとくそれをみつけてしまい、買った経緯を聞いた後で「今度これ使っていじめてあげるね」といってくれた。
でもそのときは大して期待していなかった。

あるとき、ご主人様は「あのパンツはいてごらん」というので恥ずかしさのあまり否定する。
するとご主人様は私のジーパンとパンツを脱がせあの赤いパンツを履かせる。

「へ~こうやって玉を動かすんだね」とご主人様は私を立ったままにさせて玉を動かす。
3つの玉は私のクリやオマ○コ、アナルなど縦横無尽に、ご主人様の意思の如く動いているように感じられる。

「ちょっといじめてみようか」
ご主人様は電マを玉に当ててスイッチを入れる。
その途端電マから玉を伝わって私の敏感な部分に衝撃が走る。

場所は私の部屋だったので、あんまり声を出すと隣に聞こえる恐れがあるので、必死に声を殺す。

ご主人様は電マで玉を動かしたり、指で動かしたりしながら私を責めたてる。

散々責めたてられてからご主人様が逝くまでHをし、その後電マで私が逝かされてしまった。

恐るべし玉の威力…(><)

FC2 Blog Ranking

別窓 | The second husband 2 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
フルーツヨーグルト
2008-02-05 Tue 13:02
ご主人様と別れる前はご主人様の精液がなんとか飲めるようになった。
だが、別れてから飲めなくなってしまったし、飲もうとしなくなったし、また次の相手もそれを強要しなかった。

で、ヨリを戻した元ご主人様はやっぱり飲んでほしい、という。
私は久しく飲んでいなかったことから辞退した。

ところが何かの拍子に私がクリームとか塗れば飲めるのでは?と言ったことから(自分では言った覚えがない)、ご主人様は土曜の夜、私を引き連れて近所のコンビニをハシゴした。
本人はホイップクリームがほしかったらしいが、あるのは自分で泡立てるものしかない。
できあがってるやつはスーパーにしかないのだが、もうスーパーはしまってる時間。

それでもご主人様は執念であちこちのコンビニにいったけど、あるのは同じ商品ばかり。
仕方なく方向転換してフルーツの入ってるヨーグルトにしよう、ということになった。

クリームの代わりには程遠いかもしれないけど、何もないよりはマシだろう、とのこと。
そこまでして飲ませたいの?と私が半ば諦め顔で言うと
うん!とにっこり頷く。



絵美はどれがいい?というのでフルーツの入ったヨーグルトを適当に選ぶ。

早速私んちにきてご奉仕するよう指示が飛ぶ。

まずは胸から。
片方の乳首を舐めているときは空いてる方の手でもう片方の乳首を転がす。
するとすぐにご主人様のアソコは大きくなる。

暫く乳首にご奉仕しているとご主人様は私の手を取って自分の股間に導く。
今更ながらの大きさにびっくりしていると「絵美がこういうふうにしたんだからね」と言う。

「舐めてごらん」
ご主人様の言葉に舌を乳首から離し、股間へと移動する。
目をつぶっているので、どこになにがあるのかわからないけど、それでもみつけると恐る恐る先端から舐めていく。

少しずつ全体を飲み込んでいく。
暫く口と舌でご奉仕していると「そろそろヨーグルト使ってみる?」というので、私は肯定する。

口の中にスプーン2,3杯ヨーグルトを入れてもらったけど、おいしくてそのまま飲んでしまった。

再度入れてもらって、今度は飲み込まないように、そのままご主人様のを咥える。

「ん!おいしい!」
思わず大きな声で言ってしまった…

でもおいしくて俄然やる気がでてしまい、頑張って頭を上下に振っていると口からヨーグルトが漏れ出してくる。
その白いのが精液に似ているのか、ご主人様は「すごいHに見える」といってくれた。


そろそろ逝きそうだというので、ご主人様に立ってもらい、
ヨーグルトを追加して手と口でご奉仕した。

「絵美…いくよ」
その言葉に一瞬緊張したが、ここまできたらなんでもこい状態な私。

鋭い喘ぎと共に口の中に何か生温かいものが飛び込んできた。
あ、これ?と少し口の中で溜めてからヨーグルトと一緒に飲み込んだ。
一瞬生温かいものが入っただけで味とか確かめる間もなく飲み込んでしまったため、また予想以上に口の中にヨーグルトが多かったせいか抵抗なく飲み込めた。

おいしかったので、またちょーだい、とお願いしたところ、
「いや…もう生産が追いつかないです…」
とやんわりと拒否られた。


FC2 Blog Ranking

別窓 | The second husband 2 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
ホテル巡り
2008-02-05 Tue 12:24
ご主人様が出勤する電車の窓からいつも気になっているホテルがあるという。
今回はそこへ行ってみよう、というので、同意する。
本当はいつも行ってるお気に入りのホテルがよかったのだが、たまには冒険するのもいいかもしれない。

早速ネットで検索してHPを探す。
するといい感じのホテルの外観やら部屋の写真やらでてくる。

料理もお酒以外は安いし、おいしそう。

今度の土曜日はこのホテルにしよう、ということになった。


土曜の夜、早速電車でその街にいき、寒風吹きすさぶ中、2人であちこち迷いながらなんとかたどり着いた。

フロントに行くとおじさんらしい男性の声が泊まりか休憩か聞いてくる。
ご主人様は泊まりと応える。
泊まりはこのコースとこのコースしかない、と男性がいう。
フロントの前にある表を見るとコースとは料金表のことが判明。
初めてのホテルで高いのはなんだから、安いのを選ぶ。
すると鍵をくれるが料金は前払いとのこと。

料金さっさと払って部屋にいくと、まず思ったのが狭いこと。
お気に入りのホテルが大きすぎるのか、今回のはなんとも狭い。
それにどうやらビジホを改築したらしいことが判明。

鍵を電気ボックスに入れないと電気がつかないことや駅前の通りに面していることなど、いかにも以前はビジホだったんです~って感じが濃厚…

お風呂場もバスタブにシャワーカーテンついてるし、お風呂場なのに、なぜかビジホ特有のデスクが置いてある。

ご主人様と顔を見合わせ、こりゃ失敗だね、とつぶやく。

でもまあきたからには楽しみましょう、とご主人様の顔には書いてある。

HPでみたときは料理などおいしそうだったので、早速メニューをみる。
するとお酒は販売していないけど、食べ物は全品400円。

…なんか怪しいかほりが…
でも私はお腹空いていたので、グラタンとピザ、ご主人様もあんかけラーメンを頼んだ。

その間私は以前使った上下に別れてるコスプレ(?)みたいなのと首輪に南京錠、さらにリードをされてハンガーフックに止められて動くんじゃないよ、と指示を出された。

そのうち料理が運ばれてきたので、テーブルにおいて食べる。
「…これインスタントだね…」あんかけラーメンを食べたご主人様は言う。
HPと全然違うことに憤りを感じながら、私もここは2度目はないな、と思う。

ご飯食べてお腹いっぱいになったところで私はベッドの端に仰向けになるように指示された。
何するんだろう?と思っているとパンツを脱がされ、剃毛の時間だった。
「最近絵美の毛剃るのハマっちゃってさ~」と軽くいうご主人様。
…おいおい…

上半身はベッドに、下半身は足を広げるように、とのことなのでその通りに従う。

前回使った髭剃り用のクリームで股間にクリームを噴射し、
前回よりは毛が短かったこと、ご主人様も剃ることになれたことから今回は早く終わってしまった。

その後洗面台でコスプレ(?)の上だけ着た状態で、鏡の前で立ちバックされた。
私はあまりの恥ずかしさに目をつぶっていたけど、ご主人様に目を開けて、ご主人様の目を見るように命令される。

やだやだ、と抵抗すると容赦なくお尻を叩かれるので、なんとか目を開けてご主人様の目を見る。
それに伴って自分の姿も見てしまったけど、自分でも信じられないくらい厭らしい顔をしてた。

で、その後お風呂に入ってゆっくりしてから部屋のテレビをつける。
たまたまみたテレビがHチャンネルなんだけど、おもちゃを新開発したので、モニターになってほしい、と女性を言葉巧みに連れてきてその様子をみるというものについ見入ってしまった。

1回目はジムとかにある自転車なんだけど、ちょっと体を横にして船をこぐような感じでちょうどオマ○コにおもちゃがはいる仕組みになっている。
なので自分でいっぱいペダルを回せば回すほどおもちゃの出入りは激しくなる。

正直これは疲れるな~とあんまり興味なかった。

2回目はさっきと同じ人がソファにでんぐりがえしの状態で縛られている。
両手は頭の上に、足は閉じられないように頑丈に縛られている。
でんぐり返しの状態だから責める方にとっては楽だろうな~と思う。
その丸見えのオマ○コにおもちゃを入れるのだが、そのおもちゃは出し入れのスピードを調節できるらしく、除除にスピードがアップしていく。

縛られている女性は必死に叫びながら止めてほしいと懇願するが、責め手は一切緩めることをせず責める。

女性は泣きながら潮を吹いて何度も逝ったようだった。

3回目は開脚椅子(? 普通の椅子なんだけど、足だけ広げられるようになっている)に両手を頭の上に縛られ、足はやはり閉じられないようにしっかり縛られている。

その丸見えのオマ○コの先には少しおもちゃが入っているけど、今度は機械で自動に出し入れのスピードを調節するみたい。

ピーという音と共におもちゃの出し入れが始まる。
段々加速していくおもちゃ。
途中で多分ローションだと思うけど、液体が迸る。
女性が悲鳴をあげるが体は自由にならない。
人間か機械が壊れるんじゃないかと思うくらい機械は猛スピードで女性を責めたてる。

長い時間そうやって責められて何度も逝かされたようで機械が止まる頃には女性はぐったりしていた。

それをあと2人モニターと称してやっていたけど、私はそれを夢中になってみていたらしい。

ご主人様が後になって「あれすごい勢いで喰らいつくように見てたよね。絵美もああいうふうにされたいの?」というので慌てて首を横に振る。


その日はそのまま寝てチェックアウトを1時間過ぎた頃ホテルを後にして駅前にあるモスで遅い朝食を採った。


FC2 Blog Ranking

別窓 | The second husband 2 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
久々の調教
2008-02-05 Tue 10:51
1月の後半だったと思ったけど、元ご主人様に久々に調教された。

それは土曜日。
ご主人様は毎週日曜しか休みがないので、土曜日、私のお気に入りのラブホ兼旅館に予約して早速そこへ行く。
そのとき、首輪に南京錠をされた。
鍵はご主人様が持っているので私では首輪を取ることはできない。
念の為マフラーで隠したけど、誰かにみられたら、と思うと気が気ではなかった。

そのときはケチと空き室の関係で一番安い部屋にしたんだけど、
安いだけあって狭い(といっても9,000円くらい)。

久しぶりにお気に入りのホテルにきた。
このホテルはこのご主人様とたまたま入って気に入った2人でみつけたホテル。
ご主人様もお気に入りだったらしい。

私は余韻に浸る間もなく、裸にされ
「まずは絵美の毛を剃らないとな」という。

これは前々から言われていたのだが、私が恥ずかしくてずっと無視していた。
「本当にするの?」と私がおずおずいうと、当たり前だろ、と早速いろいろと準備するご主人様。

私はいろいろと抵抗を試みるがあっさり否定され、裸にされた上に首輪にリードをされてしまった。
こうなると抵抗できないことを知っているご主人様はさらにテーブルとソファをくっつけ、その上に私に仰向けに寝るように指示する。
テーブルの上に仰向けになるとテーブルの冷たいのが背中全体に走る。

ご主人様は両手を広げてソファの手すりに、両足を広げてそれぞれテーブルの足に縛り付けてしまった。

こうなると私には何もできない。

「いい眺めだね」
ご主人様は多分ご満悦なんだろうけど、私はあまりの恥ずかしさに目をつぶって耐えるしかなかった。

ご主人様はシェービングクリーム(? 男性の髭剃りに使うときのクリーム)を私の股間に噴射する。

泡の感触がする。
それを手であちこちに伸ばす。
それからゆっくりと私の股間の毛を剃毛していく。

長い時間をかけてゆっくりと剃っていく。
時には毛足が長いとはさみで切ってから剃ったりした。

その間、ご主人様は知ってか知らずか私の敏感なところを触ったり押さえたりする。
その度に私は声が出てしまい、ご主人様に
「剃ってても感じるなんてほんとにお前は変態なんだな」と嘲笑されてしまった。

やっと終わった頃、私はぐったりしてしまった。
ご主人様は「我ながら上出来」とご満悦のよう。

縛めを解かれてから
「今度は浣腸してやるな」という。

やっと開放されたとおもったのに、今度は浣腸?

無理。体力が続かないよ、と抗議するも無駄。
「最初はトイレでさせてやるけど、2回目はお風呂場でしてもらうからね。1回目で出すものはきちんと出すんだよ」と耳元で囁く。

力なく首を横に振っても受入れられることはなく、お風呂場に引っ張られ、浴槽の淵に手をかけ、足をいっぱいに広げるように言われるのでその通りにする。

「よし、いれるぞ」
ご主人様は60mlのプラスチックの浣腸器で私のアナルに少しずつ浣腸器を入れて浣腸する。

思わず嬌声が漏れる。
液体の入る感触がなんとも気持ちいい。
これをまずは様子見で4回くらい入れられた。

暫くするとお腹が痛くなってきた。
でもご主人様にがっしり体を押さえられているので身動きが取れない。
しかもアナルにご主人様の指が入っているので、出すにも出せない。
私も今回だけはトイレに行かせてくれる、というので、必死に我慢した。

ついに我慢も限界にきてご主人様にトイレに行かせてほしい、と懇願すると「トイレは今回だけだよ」と念をおされる。

出したくて焦っていた私は承知してトイレに行かせてもらう。
ご主人様もついてきてトイレで私の排泄するところをみる。
抵抗する間もなく、自分の意思とは無関係に勢いよく飛び出す汚物。
「うわ~よく他人の目の前でそんなことできるな~」とか
「お前の匂いがきた。こんなことして恥ずかしくないのか」とか散々言葉でいじめられて、なんだか惨めだけど、今はとにかく全部出してしまいたいことしか頭になく、やっと出し切ったら、最初に言った通り、2回目をお風呂場で浣腸された。

1回目でかなり我慢したから2回目はもう汚物は出ないだろうと思っていたらなんと出てしまった。
それもお風呂場でご主人様の目の前で。
あまり恥ずかしさに早く流してほしいと訴える。

3回目はさすがに出し切ったのか液体しかでなかった。

「よく頑張ったね、えらいよ」
ご主人様が頭を撫でてくれる。

2人でお風呂に入って、それからベッドへ。

ベッドへ行ってからも散々いじめられた。

首輪をされ、南京錠をされる。
鍵はご主人様が持っているので、自分ではどうしようもできない。

さらに上下に別れているコスプレ(?)みたいなのを着せられて四つん這いになるように指示されるのでその通りにする。

するとご主人様はバイブを入れたのだが、どうやら逆に入れたみたいで本来クリに当たるところがアナルに入ってしまった。

最初は何かが違う、と思っていた程度だったが、スイッチを入れてわかった。
アナルに衝撃が走ったからだ。
そのままバイブが落ちないようにパンツで押さえられ、さらにローターをクリに当たるようにパンツの中に入れる。

私は狂ったように腰を前後に振って嬌声を上げ続けていた(らしい)。

その後バイブもローターも抜かれ、ご主人様自身が入ってきてお尻を叩かれたりしながらご主人様は果てた。


翌日、お風呂に入ったときに中田氏されたけど、すぐに洗ってくれた。
ピル飲んでるから大丈夫だけど、念の為、といって洗ってくれたのが嬉しかった。

チェックアウトを1時間ずらしてホテルを後にして私んちへいき、
2人ともそのまま寝てしまった。


FC2 Blog Ranking

別窓 | The second husband 2 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
日課
2008-02-05 Tue 09:15
元ご主人様となぜかヨリを戻すことになってしまい、
戸惑いを感じながらなんとか生きています。

ご主人様はならべく私と一緒にいたい、とのことから、仕事が終わると
私の部屋にきます。

そのうちご主人様は1つの日課を提案しました。

それはご主人様が私の部屋にいるときはご奉仕することです。
私は最初は抵抗しましたが、あっさり拒否され、ご奉仕することに…

ご主人様がきても私が寝てしまうときがあり、そういうときはしなくてもいいけど、
ご主人様が思い出すたびにご奉仕させられています。

その途中でご主人様の気が変わり、Hすることもあります。

最初は舐めることから始めて、口が疲れてきたら手でしていいよ、と
指示がでると手に変えたり。

ご主人様は自分で気持ちいいポイントを教えてくれるので、その通りに
奉仕すると「絵美、気持ちいいよ…」と言ってくれます。
それが嬉しくて口や手が疲れても頑張ります。

「日に日にうまくなってる」
と言ってくれるのですが、自分ではご主人様の言われたことしかしていないので、本当にうまくなっているのかは不明です…


FC2 Blog Ranking

別窓 | The second husband 2 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| マゾ奴隷日記 |




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。