FC2ブログ
いろんなご主人様にされた調教内容など書いています
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
私を保健所につれてって
2006-11-13 Mon 22:49
昨日はご主人様が仕事が終わってから遊びにきてくれました。
このときすでに20時すぎ
最近仕事が忙しいらしく、あんまり休んでいないのに
わざわざきてくれてありがたい限りです

2人でネットをしているとどういう話の流れからかは
忘れましたが、性病の話しになりました。

ご主人様と私が男と女である以上、
避けては通れない道であると思います。

ご主人様は衛生面には
ものすごく気を遣ってくれていますが、
それでも決して万全ではありませんし、
ひょっとしたら私が性病にかかっていることだって
ありうるのです。

今は保健所で無料で、
しかも匿名で性病の検査を受けることができます。

大丈夫とは思うけど、安心を得るために、
検査を受けてみようということになりました

早速ネットで地域の保健所を探します。
その情報によると…
毎週木曜に性病の血液検査があり、匿名・無料で受けられる。

「へー…毎週木曜なんだ…」

検査を受けた1週間後に再度保健所に行き、
結果を聞く。

ん??
木曜??
しかも1週間後にまた行かなくちゃいけないの??

ご主人様は仕事の都合上あんまり忙しくなければ
多分いけるだろうけど、
私はそう簡単に仕事を休めない…
もうすでに11月は2回休みを取っているので、
さらにあと2回休むなんてできない…


というわけで早速検査が頓挫してしまいました

ご主人様曰く
「ま、オレ1人で行ってもいいんだけどね」

…いじわる…


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
別窓 | The second husband | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
かけひき
2006-11-12 Sun 15:25
ある日ふとはるたんさんのブログをみていたらこんなのが…
それはご主人様のを舐めるとき、焦らしてご主人様をいっぱい
感じさせてからイカせるというかなり高度なテク!
私はもともと見るのも舐めるのも苦手だったのですが、
特訓(?)の成果もあり、今では手をプラスすれば
なんとかイカせられるようになりました

やっぱりご主人様にはもっともっと気持ちよくなってほしい、
それにご主人様の焦らされて喘ぐところをみたい!
という邪な考えのもと、
はるたんさんのテクをパクってみることにしました

ご主人様が夜、
寒い中を歩いて私の家にきてくれます

最初は近況報告です。
報告が終わってとりあえずすることがなくなると
ご主人様はまず胸を舐めるように指示します。
内心キタッと思いました。
早速テクを実践するチャンスがやってきました

でもそれが悟られたら意味がないので、ならべく平静を装い
ゆっくり横になっているご主人様の胸元へ行き、
胸を舐めたり触ったりします。

暫くすると「下のも舐めなさい」と命令がきましたが、
私は無視して胸の方に集中していました。

さっきと同じことをご主人様は命令します。
すると今度は私は顔をあげ、
「もうちょっとしたらね」とまた胸元に顔を埋めます。

1,2回そんなやりとりをしたあと、
さすがに何かを感づいたのか、ご主人様は私の顔を無理矢理
胸から離し、目を合わせて聞いてきます。

そこで私は観念して簡単に説明しました。

「そうか、じゃあ舐めなさい」とご主人様。

だーめー、もうちょっと焦らすの~
と私。

「あっそう。じゃあこれからもう2度と舐めさせないよ」


予想外なことを言われて慌ててご主人様の
いう通りに舐めました

「ワシをいたぶるなんて100年早い」
と聞こえてきそうでした


FC2 Blog Ranking
別窓 | The second husband | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
ちょっとSMとはずれるけど
2006-11-02 Thu 22:24
8月からブログが書けなくなりました。
原因はご主人様と別れたせい。

ご主人様は私にとっては最高の方だったのに、
浮気未遂(あくまで未遂)を3回もされてしまい、
さすがに自分自身許せなくて、別れを決意しました。

でも、そんなことをさせてしまったのは多分自分のせい。
自分に魅力がなかったから多分ご主人様は
浮気しようとしたんだと思う。

でもご主人様と一緒に暮らしていくなかで
私は一生ご主人様と一緒にはいられない、と心のどこかで
思っていたのも事実。
なんでかはわからないけど、
なんとなくどこかで別れを望んでいたのかも。


今はご主人様と別れて新しいご主人様と出会えました。

それに伴ってこのブログも閉鎖して
新しいブログを立ち上げようと思ったんだけど、
ふと今日久々にみてみたらいろんなコメントがあって。
別れるたびにいちいちブログを立ち上げても仕方ない、
それにこれは私自身の日記なのだからこれはこのままにして
書きたくなったら書いていこうかな、と思った。

また書けなくなってしまうかもしれないけど、
とりあえずこれはこのままにしておきます。

別窓 | The first husband | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
| マゾ奴隷日記 |




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。