FC2ブログ
いろんなご主人様にされた調教内容など書いています
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
サプライズ
2008-10-18 Sat 20:59
不倫のご主人様との回想録です(07/7/8)



今週は土日にご主人様と逢えると思っていたら、なんと木金に逢えてしまった。

まず木曜日。
前日の夜、ご主人様から連絡があり、翌日の20:30頃には逢えるかもしれない、とのこと。

やったー(^o^)
携帯メールか電話でしかしてなかったので、逢えるのは嬉しい(o^^o)

当日は私のアパートの近くのファミレスでダベって
スーパーでちょびっと食料品を買って私の部屋で寛いでくれた。

とくにHなことはなかったけど、一緒にリラックスできるのが嬉しい(^^)


翌日は朝10時頃、たまたま携帯をみたらご主人様から3つもメールが。
みると「これからそっち(私んち)にくる」とのこと。
これは全く予期していなかったので、慌てて支度してる間にご主人様がきてしまった(>_<)

なんでも円相場が下落?しただかなんだかで急遽仕事が
変更になってしまい、たまたま私の部屋の近くの会社のことだったので、私んちにきてくれた。

お土産にマックのマックグ○ドルを買ってきてくれたけど、
噂通りにまずいことを経験してしまった…(>_<)
ご主人様はいつもの朝マックを買ったつもりだったらしいけど…

その後2人でまったりしてお昼頃近くの回転寿司屋で
お昼ちょこっと食べてまた私の部屋で少しまったりしてから
ご主人様は別の仕事の時間だから、と行ってしまった。

この日も特にHするとかなかったけど、2人でまったりできてよかった(^^)

なんでも8月はご主人様が10日くらい海外に出張してしまうかもしれないので、
その間、私が寂しくならないように、何かと時間をとっては私に逢ってくれる。
それがすごく嬉しい(^^)


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

別窓 | The third husband(Immorality) | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
回転寿司
2008-09-14 Sun 09:54
不倫のご主人様との回想録です(07/7/22)


お昼過ぎ頃、ご主人様は私の家に遊びに来てくれた。
しかも私の大好きなケーキをもって。

そのケーキはタルトだったんだけど、なんと1ホールもの。
1ホールのケーキをカッティングしないで食べるのって女の子の夢(o^^o)
ご主人様もカッティングしないでそのまま食べちゃえば?と
言ってくれたので2人でフォークで突き刺して食べる(^^)
ご主人様と食べるからかな?余計においしく感じる♪

その後で少し回転寿司屋でお寿司を食べる。
回転寿司の割にはおいしい、とご主人様はご満悦♪

ご主人様は私の部屋にいるときは気を遣ってくれて、
食料品など私のほしいものを買ってくれる。
このときも少し食料品を買ってくれた。

部屋に戻ってエアコンを掃除する。
私の部屋のエアコンは多分30年くらい前のもので
恐ろしく気合が入っている。
ナショ○ルの木目調でリモコンがエアコンにコードで繋がっているので
あまりリモコンとしての意味がない代物。

入居するとき、あまりの骨董品で、私はそういうエアコンを初めてみたので
使えるか試してしまった。
使えなかったら新しいのに代えてもらうつもりだったのに、
しっかり動いてくれた…
なので使うしかない…

そのエアコンをご主人様と一緒に掃除する。

なんとか終わってご主人様は一休み。

1人暮らし用の部屋なので広くないけど、誰かがリラックスしてくれるのって嬉しい(^^)


起きてからなぜかエロメーター満タンになったご主人様は調教を始める。

まずは私の服を脱がせて手枷をし、ロフトに繋がるはしごに繋げる。

体を触ったり、オマ○コやアナルに指を出し入れし、いじめる。
「フ○ーチェとお浣腸どっちがいい?」
ご主人様は私の耳元で囁く。
さっき買い物するときにパック入りのフ○ーチェを買っておいた。
これはアナルで食べるもの。

私は浣腸だとすぐお腹痛くなるのでフル○チェを選んだ。
「なんだ、絵美は浣腸よりフ○ーチェのがいいのか、
自分で恥ずかしいと思わないのかね」
耳元でいやらしくご主人様がいうので私は恥ずかしかったけど、
でも痛いのよりはいい…

ご主人様ははしごに繋がっている手枷を外して四つんばいにさせる。
そして冷蔵庫から冷えているフルー○ェを出す。

ローションで私のアナルを指でならしてくれるのだが、
その間中、私はずっと嬌声をあげていた。
その声が気になったらしく、そばにあった首輪を咥えていなさい、と
命令を受けたのでアナルをいじられているのに、
なんとか首輪を咥えて快感に声が出ないようにかみ締める。

指で散々アナルをいじったあと、ご主人様はフル○チェを私のアナルに入れた。

最初はよくわからないけど、急に冷たい異物が勢いよく入ってくる感触がある。
その冷たさ、重量などがなんともいえず気持ちいい(o--o)

「おいしい~」
と自分では言ったつもりだったが、首輪を咥えたままだったので、
多分言葉にはならなかったかもしれない。

「ほーら、全部入っちゃった」
ご主人様はわざとらしくいう。

四つん這いだった私を仰向けにさせてご主人様は私のオマ○コに
電マのアタッチメントを入れようとした。

以前はすんなり入ったけど、今回はなかなかはいらなくてなんとか入った。
ご主人様は電マのスイッチを入れる。

普通の電マではクリにしか振動が伝わらないけど、
これはアタッチメントがオマ○コに入っているので、
オマ○コにも振動がくる。
おまけにクリとアナルにも振動が届くようになっているので
1台で3箇所責められる格好になっている。

ご主人様が電マを出し入れし始めたが、それはなぜかオマ○コが
痛くなってしまうのでやめてもらった。

アナルにはあのフル○チェが入ったままだ。
浣腸液がないので、全然お腹は痛くならない。

ご主人様はそれを見透かしたかのように
「浣腸でもいれようか」
とイチヂク浣腸を1個入れた。

そのまま電マで私は逝くまで攻められた。

逝ったあとトイレで排泄。
これが私のアパートだからトイレに行かせてくれたけど、
もしホテルとかだったら絶対にトイレではさせてくれないだろうな…

浣腸によるお腹の痛みも治まってトイレから出てきたら
ご主人様に「よく頑張ったね」
と満面の笑みで抱きしめてチュウしてくれた(o^^o)


FC2 Blog Ranking
別窓 | The third husband(Immorality) | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
予定は未定で決定
2008-09-06 Sat 13:32
不倫のご主人様との回想録です(07/7/16)


前々からご主人様が
「3連休の初日は出張するから、絵美1人で過ごせるように頑張るんだよ」
と言われていた。

多分日帰り出張だろうけど、1日逢えない…
寂しいけど、仕事なら仕方ない…


当日、ご主人様から朝から頻繁にメールがくる。
私は出張先から私を心配させまいと、ご主人様が配慮してメールしてくれてるんだ、と
思っていたら実はまだ出張していないことが判明。

「え~~!?
出張はどうしたの?」

なんでもお客さんのシステムの復旧をし終わってから、
ご主人様の出番なのだそうだが、
その復旧がなかなか進んでいないので、
行くに行けなくてまだ現地に行っていないとのこと。

「それって今日はどうせ1日うまくいかないんじゃないの?」
と私が皮肉を込めて言うと
「…かもしれない…」
「それ先方に聞いた方がいいんじゃない?」
「そうだね…このままここ(オフィス)で待機してても仕方ないし…」

ということでご主人様は先方に聞くことに。
私はこれでまた少しでもご主人様に逢えるかな?と
ちょっと期待する。


暫くしてからご主人様からこれからそっちにいく旨のメールが(^^)
なんでも先方の作業が順調に遅れているらしい。
なので私とは逢えるときに逢っておきたいとのこと。

8月からご主人様は海外に出張の予定があるので、その間逢うことはできない。
だから、今逢えるときに逢っておきたい。

大雨の中、ご主人様はやってきてくれて、スーパーで買い物して私の部屋に行く。

今日は2人でまったり…(--)
のつもりがご主人様にしっかりいたぶられてしまった(--;;)

そのときの私の格好はジーパンを履いていたんだけど、
大雨のせいで2人ともパンツが濡れてしまったので、
脱いで乾かすことにし、私が他のパンツに着替えようとしたらご主人様からNGの命令が。
上半身はそのまま服を着てもいいけど、下半身は裸になれとのこと。
でもそれはご主人様も同じなのでちょっと嬉しい(o^^o)

スーパーでお寿司などを買ってきたので2人でご飯を食べる。
ご主人様と一緒ならなんでもおいしい気がする(^^)

食べたあとで2人で横になってまったりしていると
ご主人様の手が私のオマ○コに…

恥ずかしくて抵抗しようと思ったけど、普段から抵抗してはいけないと
言われているので、抵抗できない。

ご主人様の指はクリやオマ○コを自由にいたぶる。

私は目をつぶって声を殺して必死に快感に耐えていた。

ふと頑張って目を開けるとご主人様は私をいじめながら
テレビをみている。

私はそういうのに弱い(o>
ご主人様が何かをしている片手間に私をいじめる、というのにとっても弱い。
ご主人様はなんだか真剣にテレビをみているよう。

そんな姿に私はうっとりしながらも快感に負けて声を出していた。


その後心行くまでチュウして相変わらず大雨が続く中、
ご主人様は帰っていった。

この先逢えない日が続くかもしれないということで
チュウしまくっていたら口が痛くなってしまった(^^;)

FC2 Blog Ranking
別窓 | The third husband(Immorality) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
お部屋デート
2008-08-24 Sun 19:24
不倫のご主人様との回想録です(07/7/15)


ご主人様が午前中、仕事の予定が延びたので、
その間時間ができたので逢おうか?と言ってくれた。

その日私は特に予定がなかったので即OK。
たまには私の部屋でまったりもいいかもね、ということで
ご主人様は私の部屋の最寄り駅までくることに。

最初は11時頃には行けるって言ったのに、
仕事の関係で結局12:30頃やってきた。

お腹空いたので近くのそこそこおいしい回転寿司屋にいくことになった。

お昼時なので込んでるかと思いきや結構空いてる。
2人でお腹いっぱい食べてから近くのスーパーで買い物して私の部屋へ。

最近掃除が趣味みたいになってきているので、
部屋はちょっと片付いている。
ご主人様も「随分さっぱりになったね」
と誉めてくれた(^^)←てことはそれまでは相当散らかっていた??

ホテルとかだと時間や料金を気にしなければいけないけど、
お部屋デートはそういうこと一切気にしなくていいし、
自分の部屋なのでリラックスできる。

ご主人様もホテルとかでお金使うと結構かかるので、
お部屋デートならそんなにかからないからいいんじゃないのかな?
(一応気を使ってスーパーで買い物をしてくれる)

それになによりお部屋デートは一瞬でも2人のリアルな生活ができるのが好き。
本来なら絶対できないことを一瞬だけしている。
その感覚が好き。

少しまったりしてから、ご主人様は私に裸になるように命じる。
私だけが裸になるのは恥ずかしいのでご主人様の服を脱がせる。

次に首輪をして手枷をするように言うので、その通りにする。

私の部屋にはロフトがあり、ロフトに通じるはしごがかかっている。
そのはしごの高い段のところに手枷をつけてしまう。
これで私ははしごから逃げることができなくなってしまった。

ご主人様は私のそんな状態をみて喜んでくれて調教をしてくれた。

私が動けないことをいいことに、バイブで散々いじめたり、
今回の浣腸はさっきのスーパーで買ったフルー○ェ+薄めた浣腸液をしてみた。
お尻から食べるフルー○ェがおいしいことを発見(^^;)
もちろん排泄はトイレでさせてくれた。

そんなことを長い時間をかけてご主人様は調教してくれて、
最後は電マで逝かせてくれた。

ご主人様に指でいじめられているとき、私がトイレに行きたくなってしまい、
トイレに行きたいとお願いしたところ、「じゃあこの紙コップに入れるならいいよ」という。
その紙コップもさっきのスーパーで買ったもの。

なんでそんなことするのかわからなくて最初は拒否ってたけど、
そうするといつまでも指いじめやめてくれないし、
トイレに行かせてくれないので、観念して紙コップにすることを約束した。

恥ずかしいけど、紙コップにしてご主人様に渡すと
ご主人様は何か始めたけど、私は見ていなかった。

暫くしてご主人様が持ってきたのは妊娠検査のと排卵を調べるやつだった。


結果、妊娠してないし、排卵は陽性だったけどHはちょっと注意しないとね。

ご主人様は奥さんやお子さんと別れて私のところにくることはこの先ありえない。
それはご主人様に世間的・社会的地位があるから。
私も知らない誰かを不幸にしてまで自分が幸せになりたいとは思わない。

それが長い時間をかけてだした2人の結論だから、
ご主人様は殊更に私の体を大切にしてくれる。

世間体にみればいけないことをしているのはわかっているけど、
いずれは別れるのだから、せめて今だけは2人だけの時間を楽しみたい…

FC2 Blog Ranking

別窓 | The third husband(Immorality) | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
初体験
2008-05-30 Fri 20:30
不倫のご主人様との回想録です(07/7/14)


お昼過ぎにご主人様が仕事の関係で午後から振り替え休日をとってくれたので
待ち合わせをして逢うことに。

逢ってからちょっとお腹空いていたので軽くご飯を食べる。

そのあと、最近前回行ったホテルにいく。
そのホテルはそこそこ安くて、ラブホ兼ビジホみたいな感じなので
そんなに厭らしい感じはない。

ご主人様がフロントにならべく広い部屋にしてほしい、と要望を言ったら
聞き入れてくれて部屋を案内されたんだけど、
行ってみたら全然広くない。
「どこが広いんだ?」
とあちこち見て回ったら、お風呂場が広いことが判明…
ヨーロッパスタイルのちょっとオサレなお風呂。
そこの空間が広いだけ…

まあ仕方ないか、それなりに安いところだし。

ご主人様は
「ここ、3時間迄だから、3時間経ったら1回でて、
そのあとでまた来よう」
といった。

え…?
そんなことするの?
そういうことを言う人を初めて見たので、
どう対応していいのかわからず、とりあえず頷いておいた。


このときはHな下着つけてカル○スソーダを浣腸したり、バイブなどで散々いじめられた(^^;)

2人でお風呂入ってゆっくりしてから1回退場。


お腹ちょっと空いたのでスタミナつけるために焼肉屋さんへ。
そのお店はチェーン店で安いので有名なところで、2人でかなり食べても安かった(^^)

そのあとコンビにでアイスを買って、先ほどのホテルへ(--;)

「ほんとにさっきのホテルに行くの?フロントの人変に思わないかな?」
私が心配していうとご主人様はそんなの平気平気♪と足取り軽くフロントへ行く。

フロントはさっきとは違う人だけど、いかにも肝っ玉かあさん系の女性。
「2時間になります」
と女性は機械的に言う。
ご主人様は
「さっきは3時間でOKだったんだけど、どうして今回は2時間なの?」
と詰め寄ったら女性は時間帯や部屋によってかわってくる、という。
それでもご主人様は食い下がったら女性はちょとムッとしたような感じで
「それなら3時間でいいです」
と言ったのでご主人様も了承した。

部屋に向かうとき、私がちょっとハラハラして
「あのおばさんちょっと怒ってなかった?」
というと
「うん、そんな感じだったね。
でもこっちはわからないから質問しただけなのにね」
とのこと。

確かにこっちは質問しただけなのに、おばさんはなぜかムッとしていた。
何か気に障るようなこと質問したのかな?
でもおかげで1時間ゆっくりできることになったので結果的にはよかったな。

今度の部屋は横に長い部屋でベッドの横に通路があり、壁になっているんだけど、
その壁は鏡張りになっていた。

鏡でベッドをみることができるし、
ベッドから鏡がよくみえる。

2人でベッドに横たわり、鏡でよくみえることを確認したりする。

ここでも散々浣腸されたり、ご主人様とのHの際、
鏡で結合部分をよくみるように命令されたり…
恥ずかしいけどご主人様と繋がることができて嬉しかった(^^)

あとは心行くまでまったり…(^^)


今回は同じホテルに2回も入るという初体験をしでかしたけど、
ご主人様と一緒ならなんでも楽しい(^^)


FC2 Blog Ranking
別窓 | The third husband(Immorality) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| マゾ奴隷日記 | NEXT




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。